受講生の声

どんな着物をどんな場所に着ていけばいいか?が分かったのは大きいです。

鞠小路スタイルに通おうと思ったキッカケ
自己流で着ていた着物に違和感を覚え、ちゃんと習ってちゃんと着たくなったのがきっかけです。 ネットで着付け教室を検索していたところ、鞠小路スタイルのホームページを見つけました。 みなさんおっしゃるように、他の着付け教室とはホームページからして雰囲気が違っていました。 ポップで行きやすい、明るい感じがしたので、そこに惹かれました。 「きものを知る~基礎編~」は、家にある着物がどういう状況で着たらいいのかわからないし、親もいなくて聞く人がいなくなってしまい、 そこをはっきりさせて眠っている着物を復活させたいなと思って受講しました。
A.W
A.W

プロフィール

A.W

動物とお酒と歌舞伎が大好きです。着物で、走り回る犬と一緒に散歩をするのが目標です。

東京都荒川区/40代

体験談

【受講レッスン】
・きものの学校「自分で着るを徹底解剖!」
・きものの学校「きものを知る~基礎編~」

過去に着ていた着物の着ていった先が、果たして合っていたのか?と思いを馳せる毎日でした。
この講座を受けて、着物の選び方が明確になりました。
この時期にはこんな着物を着るとか、何から揃えていけばいいのかとか、自分が何を一番着るのか?もはっきりして
自分に必要な着物の選び方が分かるようになりました。
もし受講してなかったら、目に付いた気に入ったものをむやみに購入して、その後、「これいつ着るの???」となっていたと思います。
どんな着物をどんな場所に着ていけばいいのか?という、着ていく場所もわかるようになってきたのは大きいです。

私は元々、着物がどうやって仕立てられるのかが分かっていなかったので、
1回目の講義で、着物の成り立ちを実際にミニチュア着物を作ることで学んだ時に、「ああ~そういうこと!」ととてもシンプルに驚きました。本当に無駄がないんだなと。
本などには書いてあるし、反物から仕立てられるのは知っていたけれど、実際にやってみた時に初めて、「ああ、そうなるんだ」と腑に落ちた感じです。

着物って、手間暇がかかっているのをすごく感じたので、見た目だけじゃない、色や柄だけで話す着物のよさだけじゃない、そういった外見のよさではなくて、出来るまでを知って初めて着物ってすごいんだなと感じたので、
この講座を受けて、別の視点からの着物のよさを感じてほしいなと思います。
特に紬は私の中では見る目が変わりました。
自分自身の着物は染めの着物しか家になかったので、紬はおばあちゃんが着る着物っていうイメージでした。それがガラッと認識が変わって、今一番好きな着物になりました。

  • はじめての方
  • もっと着物を楽しみたい方
  • 東京教室