受講生の声

人に着せるこの講座で自分の着姿にも反映できるようになりました

鞠小路スタイルに通おうと思ったキッカケ
着せ付け入門コースを受講後から、かなりブランクがあいたある日、母に訪問着と袋帯を着せたのをきっかけに 入門コースだけでなく、基礎をやりつつもう一つ踏み込んだことが習いたいと思って受講を決めました。 無重力編とどちらにしようか迷いましたが、もう1回ちゃんと基礎を掘り下げて習えば、おそらくその延長線上に無重力があるんだろうと思ったので、こちらのコースにしました。
吉原尚美
吉原尚美

プロフィール

吉原尚美

グラフィックデザイナーの仕事と鞠小路スタイルの講師養成コースを修了して着付け教室を開いています。

東京都杉並区/40代

体験談

【受講コース】
・きものの学校「人に着せる基礎力をつける」

全然違いますよね。着物の見方が違ってきました。見る単位、視野が広がりました。今までは点と点「衿を合わせる」とか、そうではなくて、もっと面であるとか縫目であるとかそういう広い視野にいくきっかけになりました。

自分の着姿にも反映できるようになりました。

一番印象に残っているのは、衿周りと上半身の着付けですね。襟ぐりをあわせるだけで上前も下前もきれいに整うといのが衝撃でした。
長襦袢の着方は、構造的なことを理解するために独特の着方でまずレッスンするのですが、そういうことでより理解が深まったと思います。
自分で着るもやっているけれど、自分で着るのとは視点が違うから、人に着せることでより理解できたというところがあります。

ひと通り着物が着られるようになって、何だか決まらないな・・・と自分の着姿に悩んでいる人はそれこそ客観的に見ることができるし、構造も理解することができるし、それを自分に置き換えることで綺麗に着られるようになると思います。
そういう人にもお勧めしたいです。

私自身着付け講師をしているので、人に着せる時はもちろんですが、レッスンの時もより理解が深まったので、深みのあるレッスンが出来ると思います。

  • 人に着せたい方
  • 東京教室