新着情報

着物お仕立ての時に必要な寸法について

こんにちは。鞠小路スタイルです。

着物を買う時、最近では仕立て上がりのものを買うことも増えましたが、
基本的に着物はお誂えするもの。

o1080108014162026087

自分サイズの着物が欲しいと思った時に、最低限どこのサイズが分かればいいのか、
というところをお話しします。
着物屋さんでも採寸はしてくれますが、自分のサイズが分かっていると、お願いするのもスムーズです。

着物をお誂えする時に必要な寸法① 身長

身長から着物の長さを割り出すことができます。
女性の着物の長さは身長とほぼ同じ長さになります。

o0480064113824869214

着物をお誂えする時に必要な寸法② バスト、ヒップ

バスト、ヒップから、着物の幅を割り出すことができます。
着物は体に巻きつけて着ていくもの。
幅が狭すぎるとはだけてきてしまうし、広すぎると余って着付けもしにくくなります。
丁度良いサイズになるように、バストもヒップも一番出ている所で測ります。

着物をお誂えする時に必要な寸法③ 裄(ゆき)

着物では、背中の中心から袖の端までの長さのことを裄(ゆき)と言います。

o0480064113824869218
裄の長さは着付けでは調節できないので、必ず測って仕立て屋さんにお伝えします。

測り方は、腕を斜め45度くらいに下ろし、首の後ろのぐりぐりから、肩を通って手首のぐりぐりまでの長さを測ります。
31946073_2079774908971188_2123431831142400000_n
着物をお誂えする際には、他にも指定できる部分がたくさんありますが、
最低限、先に挙げた項目が分かれば、仕立て屋さんが寸法を割り出して仕立ててくれます。

何だか難しそうと感じる着物の寸法ですが、一度知っておくと便利ですよ。