新着情報

帯の形の種類をご紹介

こんにちは、鞠小路スタイルです。

帯の形は大きく分けて3種類

 1.半幅帯

28383677_2045491865732826_1314211762_n

帯の幅15cmくらい。
長さは3mくらいのものから4m以上のものなど、いろいろあります。
今回ご紹介する3つの帯の中で最もカジュアルで、
浴衣や、普段の着物の時に結ぶことが多いです。
結び方の種類はたくさんあって、キリッとした印象になるものや、
華やかな印象になるものまで、バリエーションが豊富です。

o0480056114087429602
タレ付き貝ノ口

o0480060014087429616
カラテア結び

名古屋帯

28459494_2045491869066159_927313417_n

こちらは仕立て方によって違う形になっているものがあります。
リスト帯の幅30㎝くらいで、途中から半分の幅になるもの
リストずっと30㎝くらいの幅のもの
形は違いますが、共通点は長さ。だいたい3.6mくらいです。
半幅帯よりもフォーマル度が上がります。
「ザ・和装」というイメージのお太鼓結び(一重太鼓)、
こなれた印象の銀座結びなどの結び方ができます。

o0800060014087429549
お太鼓結び(一重太鼓)

o0480036014087435938
銀座結び

 

袋帯
28459462_2045491875732825_2111982440_n

帯の幅30cmくらい、長さはだいたい4.2m前後です。
名古屋帯の「ずっと30㎝くらいの幅のもの」と形は同じに見えますが、
袋帯の方が60cmくらい長いです。
格の高い柄、金糸銀糸で織られた豪華な袋帯はフォーマルシーンに。

お太鼓結び(二重太鼓)や、振袖の華やかな飾り結びに使われます。

o0800053314087435813
飾り結び

o0480048014087429592
二重太鼓

この二重太鼓、名古屋帯の一重太鼓と形は同じに見えますが、
四角の部分の外側の帯が一重と二重で違います。
袋帯は名古屋帯より長いので二重にして結びます。

袋帯には「洒落袋帯」と呼ばれるものもあり、
形は同じなのですが、柄行によってカジュアルやセミフォーマルに使うものもあります。
o0480064114134212501
カジュアルな雰囲気の帯ですが、二重になっているのでしっかり、また、ふっくらとしたお太鼓になります。

どの帯も結び方を覚えておくと、どんなシーンにも着物でお出掛けできるようになりますね。