新着情報

浴衣とは一味違う夏着物ならではのおしゃれと注意点3つをご紹介

こんにちは。鞠小路スタイルです。

まだまだ寒い日が続きますが、着物の世界ではそろそろ夏に着るものを準備する時期になりました。

「夏は暑いから着物は着ません。」
「夏の着物は浴衣ですよね。」
という声をよく耳にしますが、そんなことはありません。
もちろん、浴衣は夏ならではのおしゃれですし、浴衣もぜひ楽しんでいただきたいのですが、
夏には夏の着物があり、夏ならではの楽しみ・醍醐味もあります。

 

 

夏着物ならではのおしゃれと注意点 その1 生地の透け感を楽しむ

o0480046513893301310
夏の着物は透ける生地を使います。
o0480048013893347769
o0480048013893347771
表地が薄く透けるので下に着る長襦袢が表地に影響します。
表地の色柄に影響しないよう、長襦袢の色を考慮するのも一つですが
透ける前提で楽しむこともできます。
o0480048013893289470
また、透けることを計算に入れて織りだされた織りの着物もあります。
どちらも表面として使えますが、柄が変わりますのでどちらを表に出すか?考えることができるのも夏着物ならではの楽しみです。

 

 

夏着物ならではのおしゃれと注意点 その2 長襦袢の丈(長さ)に注意

o0316031513893291744
夏着物は透けますので、長襦袢の丈(長さ)は単衣や袷の時期の着物より注意が必要です。
袖の長さ(裄(ゆき))や裾の長さ(丈(たけ))が短いと透けて見えてしまいます。
特に裾は日差しを浴びるとより透けます。
長襦袢が短いと脚が透けて見えてしまうのでサイズの合った長襦袢を着ることが大切です。

 

夏着物ならではのおしゃれと注意点 その3 汗対策

o0480048013893301321
特に最近の夏は猛暑が続いていて、正直「何を着ていても暑い」ですね。
着物は首元や脇、袖があいていますので、風が通ると意外と涼しいのですが
やはり汗をかきます。
正絹の着物は汗や湿気、日光に弱く、シミになりやすいので、
暑くても裾よけや肌襦袢などの下着をきっちり着て着物を汗から守ることをおすすめします。
そして、ワンシーズン終わったら、目立ったシミや汚れがなくても専門のお手入れに出すことがよくシーズンも気持ちよく着るためにも大切です。

夏は汗をかくからやっぱり着物を着たら毎回洗いたい

o0480048013893301327
o0480048113893301333
そう考えられる方も多いと思います。
私達も毎日着物を着ていますので、毎日洗いたい。
正絹は肌触りもよく涼しいのですが、なかなか自宅で洗えません。
その点、麻やポリエステルなど自宅でお手入れのできる素材のものは便利です。
着物も麻やポリエステル素材のお家で洗えるものがあるように
長襦袢も麻やポリエステ素材のものがあります。
20370589_1901995730059738_1248349388_n
夏を涼しく過ごすために作られた高機能ポリエステル素材の長襦袢は皺になりにくく洗濯機で洗えるので、
鞠小路スタイルの講師達も愛用しています。
いかがでしたでしょうか。
夏ならではのポイント・注意点を参考にしていただいて、夏ならではの着物のおしゃれを楽しんでください。