新着情報

袷着物 春秋のコーディネートの違い

こんにちは。鞠小路スタイルです。

 

 朝晩の冷え込みもきつくなってきました。

気温的にも袷着物を着たい季節になってきましたね。

 

これからの時期は袷(あわせ)と呼ばれる裏地の付いた着物を着ます。

暦上では10月から5月が袷の時期と言われています。

 

着る期間は長い着物ですが、だからこそ季節によって着るもの、小物を変えて季節感を出していきたいですね。

 

袷着物 春秋の違い : 着物や帯を変える

着物の柄は本当に様々です。

洋服では柄物を着るのは勇気がいるけれど、着物だったら自然に着られる

という方も多いのではないでしょうか

 

着物の色や柄に季節感を取り入れると、素敵です。

 

 

春の袷着物コーディネートのポイント

o0218030013786149426  o0232030013786149894

春といえば、代表的なのが桜柄。

桜の柄は抽象化されたものも多く、通年目にすることがありますが、

上の写真のように写実的な描かれ方をしているものはその季節に着るのがお洒落。

春の訪れを感じさせてくれます。

 

秋の袷着物コーディネートのポイント

o2448326413786150160

合わせる帯で季節感を演出するのも良いですね。

上の画像では栗と色づいた葉をあしらった、

まさに秋らしい柄の帯を合わせています。

 

 

着物や帯に、季節の柄を取り入れることで、

その季節ならではのお洒落を楽しむことができますよ。

 

袷着物 春秋の違い : 小物を変える

色や柄が季節を選ばない物も多くあります。

例えば、同じ着物の中に「春の桜」と「秋の楓」が描かれている

このような柄は春秋(しゅんじゅう)柄と呼ばれ春にも秋にも着ることができます。

 

こんな時は小物を変えると、印象がガラッと変わります。

 

秋の袷着物コーディネート:小物のポイント

o0480064113786153467

帯揚げ、帯締めにからし色を入れてみました。

帯にあしらわれた銀杏ともリンクして、秋らしい印象になります。

小物にオータムカラーを取り入れると、秋らしくなります。

 

春の袷着物コーディネート:小物のポイント

o0480064113786153471

帯揚げに鮮やかなピーコックグリーン、

帯締めはピンクとグリーンのリバーシブル。

春らしく、爽やかな印象に変わります。

小物の色を明るい色に変えていくことで、春らしさが増しますね。
このように、小物でも季節感の演出ができます。

同じ着物と帯でも、印象はガラッと変わりますよね。

 

着物を何枚も揃えるのは大変だけれど、小物だったら気軽に揃えられそうですね。

 

 

コーディネートのポイントを押さえて、季節ごとのお洒落を楽しみましょう。