新着情報

ツムギのススメ

着物の素材で一番王道なのは「正絹」と言われる絹100%のものです。

その正絹の着物の中で、大きく分けて「染めの着物」と言われるものと、「織の着物」と言われるものの2種類があります。

<染めの着物>
染めの着物に使われる糸は、繭をほどいていって1本の均一な糸に戻した「生糸(きいと)」というもの。
この生糸を織って白い布にして、そこに色柄を染めたものを「染めの着物」といいます。
均一な糸から織られてるのでなめらかな手触りです。

image image

<織の着物>
織の着物に使われる糸は、繭を広げて綿状にしたものから紡いだ「紬糸(つむぎいと)」というものです。
この糸を染めて、染まった糸で織ったものを「織の着物」といいます。
綿から紡いでいるので節があったりほっこりした風合いです。

image image

織の着物は、「紬(つむぎ)」ともいって、有名な「結城紬(ゆうきつむぎ)」や「大島紬(おおしまつむぎ)」など、昔ながらの製法を守っている伝統工芸品の高価なものもありますが、

image image

他にも全国各地にたくさんの産地があって、POPな柄のものやリーズナブルに正絹ならではの風合いを楽しめるものもあるんですよ。

imageimageimage image

こんなPOPできれいな色柄なら、カジュアルに楽しめますね。
初心者さんは、まずはお手入れが簡単な洗える素材から始める方も多いと思いますが、正絹の着心地も、着てみると良さが分かりますよ。


image
image

普段着として着られるほっこりカジュアルな雰囲気の紬も、帯や小物を変えることで、ちょっとおめかししたコーディネートまで使えます。カジュアルシーンのいろいろなコーディネートを楽しめるので正絹の着物デビューにおすすめです。