新着情報

夏におすすめの長襦袢

着物を着るとき、着物の下に着る長襦袢。
浴衣は長襦袢を着ませんが、夏の着物には長襦袢を着ます。

夏に着る着物にも夏物があるように、長襦袢にも夏用のものがあるんですよ。
素材は着物と同じように絹、麻、綿、化繊などがあります。

◇絹
肌触りがいいですが、専門のお手入れが必要です。
比較的高価です。

◇麻
通気性が良く、夏の素材の中では一番涼しいと言われてます。
自宅で洗えますが、物によって肌が弱い人にはチクチクする可能性もあります。
中には高価なものもあります。

◇綿(綿レース)
自宅で洗えますが、真夏には少し暑いです。

◇化繊
涼しさで麻には劣りますが、自宅で洗えて安価なので人気です。

長襦袢を選ぶとき、肌に近いので肌触りも重要ですが、夏は汗をたくさんかくので、お手入れの手軽さも気になりますね。

おすすめは、『爽竹』という東レが開発した、化繊に竹が混合されている素材です。

image

その特徴は、
□シルクのような手触り
□湿気を吸収しやすく蒸れにくい
□抗菌性があり、匂いを防ぐ
□自宅で洗える

洗濯をしても乾きが早く皺になりにくいので、毎日着物を着る講師も愛用しています。
定番の白の他、夏らしい爽やかな色合いのものや、柄ものなどもあります。

 image

image image

自分のサイズに合った着物は、無理なくきれいに着られますが、長襦袢が自分のサイズに合ってると、上に着る着物もきれいに着られます。
初めての夏の着物も、きれいに着られてお手入れ簡単な洗える長襦袢がオススメです。