新着情報

きものに合わせるバッグについて

きものを着てお出掛けするとき、和装用のバッグを準備しないといけないのかしら?
と悩まれる方は多いのではないでしょうか。
今回はそんなきものに合わせるバッグについてどんなものがあるのかご紹介します。

IMG_8575

和装用の着物地や帯地を使ったタイプのものは、素材によって普段着から礼装まで使用できます。
クラッチタイプのものはフォーマルシーン、パーティーシーンに合わせるとよいです。

IMG_8573
ボストンタイプはマチもしっかりあって収納力もあるので、荷物が多いときに便利です。生地によって普段用から礼装用まで合わせられます。

 

きちんとした印象にしようと思ったら、着物用のバッグがおすすめですが、
まずは普段のお出掛けの着物に合わせるものであれば、和にこだわらず、洋装のものもよくあいます。
プラダバッグ ニットバッグ

IMG_7851

こちらはミニトートタイプのバッグ。洋装にもピッタリですが、着物にもよく合いますし、コーディネートのアクセントになりますね。
IMG_8592
こちらは、羽織を仕立てた際に余った反物で作ったバッグ。羽織とお揃いでコーディネートすることもできます。
逆に、バッグを作ったあまり布で鼻緒を作ってバッグと履き物をお揃いコーデにすることも出来るんですよ。

IMG_8589
こちらはいろんな着物の端切れを合わせて作ったバッグ。同じ着物地でも使う色や素材、バッグの形で印象がぐっと変わります。
IMG_8579
これはかごバッグ。夏に使うと涼しげでぴったりですね。

image image

お花の付いたこんなバッグだと、お出かけするのも楽しみになりそうですね。

着物だからと言って、合わせるバッグも初めから和装用のものを揃えなくても、
いつも使っている洋服に合わせたバッグでかわいくオシャレを楽しむことができます。

セレクトするときのポイントは、持ち手は短めのものがバランスがとりやすいですよ。
みなさんも、お気に入りのバッグを見つけてくださいね。