新着情報

洗える素材の長襦袢

着物を着るとき、着物の下に着る「長襦袢」

まずは1枚自分サイズの長襦袢を作るなら、気軽に洗えるポリエステル素材の長襦袢がオススメです。

長襦袢は着物より肌に近いので、汗をかいたりすると、やっぱりお洗濯をしたくなるのですが、
正絹の長襦袢は自宅では洗わず、通常は着物専門のお手入れに出します。

ふだんから沢山着て着物を楽しみたい、
やっぱり汗もかいて気になるし、着るたびにお手入れしたい。
でも、専門のお手入れに出すと、出している間は着られないし、経済的にもかなりかかりそう・・・
そんな心配もでてきますよね。

そんなときにお勧めなのが、洗える長襦袢です。
特にオススメなのは、シルクそっくりな高機能ポリエステル素材、東レの「シルック」長襦袢です。
o0480036013179590698
毎日着物を着ている鞠小路スタイルの講師も愛用しているこの、シルック素材の長襦袢
フォーマルに使えるオーソドックスなものから、「え?これが長襦袢!?」というくらい可愛いもの、かっこいいもの、と色柄も豊富です。
シルクのような肌触りで静電加工もされているので、ポリエステル素材によくある冬場の静電気もあまりおこりません。
ポリエステル素材なので、色あせの心配もなく
洗濯機で洗えるので、自宅で気軽にお手入れできます。
IMG_0860 IMG_0861

 IMG_0883

実は長襦袢は着物姿を完成させる上で大切な役割をしているんですよ。
それは、衿元。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美しく抜けた衿元は長襦袢で作られます。
この衿元をつくるには、着付けはもちろんですが、実は、長襦袢のサイズが重要になってくるんです。
自分のサイズにぴったりな長襦袢だと、衿元も美しく、着心地もとてもよくなりますよ。