新着情報

雨草履

 雨の日に「着物を着て出掛ける」
ちょっと億劫になる方もいらっしゃるのでは?
着物の心配ももちろんですが、足元も気になりますよね。
普段、着物に合わせて履く草履や下駄はある意味足元がむき出しです。
つま先も踵も靴と違い覆われていませんものね。
雨の日に普段と同じ草履で出歩くと・・・
想像しただけでも足袋が濡れて汚れが付く様が思いうかびます。
そんな時には「雨草履」が便利ですよ。
o0480036913305852768
雨草履は、普通の草履につま先部分にがついた履き物です。

四季を通じて雨の日にも、冬には雪の日や防寒対策としても使えます。

通常の草履ですと、草履本体も「革」で出来ており、雨の日に履くと傷んでしまい、底革の部分から雨水を吸い上げ、中のコルクに浸透し膨張して脆くなります。
草履の底も革張りの物ですと、雨の路面では大変滑り安く危険です。

その点「雨草履」はウレタン素材や合成皮革を使用している物が多く、
底面には深い溝が入っていたり、ゴムが貼られていたりと、滑りにくい加工が施されています。

1つ準備しておかれると、天候に左右されることなく、「着物でお出掛け」を楽しめますよ。