新着情報

着物のときは高いところはあきらめて、と言われていました

こんにちは、田中です。
着付けを習ったことがある方が
無重力着付け講座を受けたときに
「腕が上がる!」
と喜ばれました。
「これまで『高いところはあきらめてください。
近くにいる人にとってもらいましょう』と言われてました。」
だそうな。
なかなかはっきりされてますね。
近くにいる人はきっと
着物を着てないのでしょうね。
暮らしきものだと
そういうわけにはいきません。
棚の上に手を伸ばすことも多々あります。
o0960072014701922004

なぜ、手が上がらなくなるのか

それはすごく簡単な理由があります。
でも、
一般的な着付けでは『やらないといけない』と言われていることだったりします。
機能よりも見た目を優先した結果ですね。
それはそれで悪くないですけど
見た目を優先すると、より着崩れるというのが難点なんです。
だって人間は動く生き物ですから。
暮らしきもので着物の持つ機能を思い出しましょ。
鞠小路スタイルのブログにも綴っていますのでこちらもどうぞ