新着情報

【花柳流 花柳貴彦さん 踊り鑑賞 体験会】を開催しました

今回、日本舞踊 花柳流 花柳貴彦さんから直接着物の所作についてのレクチャーと日本舞踊の舞の披露と体験会を開催させていただきましたので、その時の様子をご紹介します。

今回の体験会ではまず、
着物を着た時に美しく見える動きというのはどんなものなのか?
約一時間ほどレクチャーを受けました。
B59D2543-2F4C-4136-9F56-0512B1DF5280
もともと日本人が持っていた
「相手に迷惑をかけない。威圧感を与えない。不快な思いをさせない。」
という気遣いと、着物という衣服の特徴、畳と正座の生活を考えると、自然とそのような振る舞いになるというものでした。
 41A915F6-CE4D-46A3-AB02-C4CFFF9C6F14
レクチャーではただ、日本舞踊では扇子はどのような役割をするのか?といったお話を聞くだけではなく、
実際に扇子を開いてみたり、使ってみたりといった体験も行いました。
CBD5C11B-38D9-4AE1-AD9C-3428622E6CC4
なぜ、女性の歩き方はそのようになるのか?
なぜ刀は左に携えるのか?
なぜお辞儀はこのような形になっているのか?
などなど、
様々なことを教えていただき、体験とは思えない濃さでした。
『お辞儀はこうするものだ』
という、形ではなく
もともとを考えると、自然とこのようなお辞儀の仕方になる。
という考え方、教え方が、とても分かりやすく、日本の所作というものはとても理にかなっているものだと感じました。
その後、『所作がどのように舞に反映されているのかを見てください』という事で、
「梅はさいたか桜はまだかいな」という舞を披露してくださり、
記念撮影の後、場所を移動し、
お茶とお菓子を囲みながら、お話会をしました。
 FA8A029B-E308-46A8-A3E2-E63DFDF96599
花柳貴彦さんのわかりやすくユーモア溢れるお稽古に
参加された皆さん、楽しく過ごすことができました。

F8429BB0-BDBE-4060-AB85-78FFC20F3014

「とても有意義で楽しかったです。」
「またこんな機会があったら参加したいです。」
と皆さん口々におっしゃってくださいました。

このような会を開催するご縁に恵まれて、みなさんに喜んでいただいて、本当にありがたいです。花柳貴彦さん、そして、参加してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。