新着情報

長襦袢のお手入れや洗い方をご紹介

こんにちは。鞠小路スタイルです。

毎日着物を着てる私たち。家に帰って着物を脱いだら、日々どんなお手入れをどうしてるのか?長襦袢の日々のお手入れや洗い方についてご紹介します。

 

長襦袢の日々のお手入れ:汚れやすい半衿だけ洗う

長襦袢は着物の下着ですが、その下には肌着も着てるので、大量に汗をかいた!とかでなければ頻繁に洗わなくても大丈夫です。

 

o0480028613914120269

 

ただ、衿元だけは汚れやすいので、毎回ではなくてもこまめに洗うといいです。
私は毎回着たら半衿だけ洗うようにしています。

 

半衿の洗い方

長襦袢の素材には、主に正絹(しょうけん)という絹100%のものと、その他、特に人気の洗えるポリエステル素材の長襦袢があります。

 

絹は水に弱く、ポリエステルは強いので、長襦袢を傷ませないように素材のちがいに気をつけます。

 

正絹長襦袢の場合 半衿の洗い方

o0960096013914121612

 

絹は水に弱いので、正絹の長襦袢は半衿を洗う時も水がかからないように、洗うときは半衿は外して洗います。

 

半衿を洗ったら、長襦袢を着るときにはまた縫い付けます。

 

半衿の縫い方は、中級コースでレッスンしますが、お裁縫が苦手な人は、長襦袢と半衿にファスナーをつけて、一瞬で半衿をつけられる加工もできますよ。

 

ポリエステル長襦袢の場合 半衿の洗い方

 

o0480064113914122031

 

 

私はほとんど毎日ポリエステルの長襦袢を愛用してますが、ポリエステルの長襦袢は、半衿をつけた状態で洗えるのがいいところ。

そのままネットに入れて洗濯機で洗えます。

 

洗濯機でもいいんですが、毎日回すのももったいない。

ということで、日々は半衿をつけた状態で半衿だけ洗います。

 

多少長襦袢が濡れてもポリエステルなので大丈夫。

夜洗って部屋の中でハンガーに吊るしておいても、
朝には着られる状態にまで乾いてることがほとんどです。

 

そして週に1回程度、洗濯機でまとめて洗います。

 

着物のお手入れは面倒だと思ってる人も多いと思いますが、
簡単にお手入れできるような素材や加工もできます。

 

皆さんも気軽に着物を初めてみませんか?
お手入れについてもお気軽にご相談くださいね。