新着情報

【着付け】浴衣を着る(着付ける)時に用意する必要なものとは?

鞠小路スタイルです。

春から初夏に向かう季節となりました。そろそろ夏の着物について考えている方のいらっしゃるのではないでしょうか?
夏といえば、浴衣!ですよね。夏に浴衣を着付ける時に必要なものを今回はご紹介いたします!足りないものがないかチェックしてみてくださいね♪

浴衣を着る時に必要なものとは?

image
着物よりも、ずっと手軽に着られる浴衣。とはいえ、それなりの準備が必要。
どんなアイテムが必要か、ご紹介しましょう。

【浴衣を着る(着付け)ために必要なもの】

浴衣

夏に着る、カジュアルな着物。素材は木綿がポピュラーですが、麻、化学繊維もあります。

半幅帯や兵児帯

半幅帯は帯幅が約15~17センチの細い帯です。兵児帯(へこおび)は柔らかい布でできた帯で、好みの幅に整えてから結びます。色々な結び方ができます。

{EBDB8B18-28AA-46CB-9115-BC649909B1AF}

リボン返し
image

カラテア結び
image

ひも

ひもは2本必要です。腰と、ウエストの位置で結びます。
{62699FA2-5B6C-4F7A-81F4-DF6F317C4FFC}

肌着(肌襦袢+裾除け)

夏は汗をかくのと、透けるのを防ぐためにも肌着は身につけましょう。
{7149B0AA-EC4F-40AC-8414-8F53621B3E41}

補正をするなら、タオルとひも

胴のくびれた部分にタオルを巻いて、ひもで留めます。補正を入れると、より美しい着姿になります。
{A0A9BD85-3208-4A33-AA61-FDAB57809E41}

いかがでしょうか。
必要なもの、イメージしやすくなりましたか?
足りないものがあれば、今から準備しておくといいですね。

ちなみに、鞠小路スタイルの初級コースでは、7回目のレッスンで浴衣を着ます。
着物にも慣れたころなので、皆さんさくさくっと着られて、その簡単さに驚いてくださいます。

着物はこれから!という皆様、ぜひ初級コースにお越しくださいね。

【京都教室】初級コース:http://www.marikoji-style.com/lessonmenu/ls_kyoto/ls_beginner_kt/929/

【東京教室】初級コース:http://www.marikoji-style.com/lessonmenu/ls_tokyo/ls_beginner_tk/2496/