新着情報

日本橋教室にて「本物を見る会」を開催しました

6月6日(土)、日本橋教室にて、大阪より呉服店「泉州さの 呉服北浦」の店主 北浦ご夫妻をお招きして、「本物を見る会」を開催しました。

IMG_5652  IMG_5666

「本物を見る会」とは、“職人のこだわり”が込められた本物の着物や帯を見ていただく会。
伝統の美意識にこだわった匠の技、磨き上げた技術の集結を呉服屋さんの制作秘話も交えつつ聞くことができる貴重な機会です。

この度、6月より開校する≪きものの学校 特別企画≫として、初めて東京にて開催しました。

IMG_5653  IMG_5660

午前の部・午後の部と1日に2回開催したイベントには、合計20名を超える方々にご参加いただきました。

着物を習い始めたばかりという方から長く着物生活を楽しんでいる方、そして海外からの留学生の方にまで幅広くお越しいただき、2時間、じっくりと本物に触れる時間となりました。

IMG_5661   IMG_5659

1着数百万円、という高額な着物を間近で見て、さらには写真を撮ったり触れることもできるとあって、参加者さんはどんどん着物との距離が近づいていきます。

イベントでは、北浦ご夫妻がわかりやすくポイントを説明し、1つ1つの着物に対して、帯や小物を合わせたコーディネートの提案も。

IMG_5662  IMG_5655

北浦ご夫妻が説明をする度に、参加者さんからはその職人技の細かさに驚きの声があがったり、美しさにため息がもれたり、歓声があがったりと、「2時間があっという間に感じられた!」という方も。

こちらは、とても稀少な絽の黒留袖。

IMG_5658  IMG_5657

どれだけ貴重なものなのか、そこにどんな手仕事がつまっているのか、説明では足りない部分は画像を見せながら細かく丁寧に説明いただきました。

こちらは、人間国宝による作品。

IMG_5654

どの着物や帯も、作品に込められたストーリーや背景が丁寧に伝えられ、1つ1つの着物や帯の世界をしっかり感じていただきました。

参加したみなさまからは、

「本当の“本物”って、こういう物なんだなと。 改めてきもっていいなぁと思いました。 」
「日本人の誇り!感激しました! いろんな技法があるんだなーと、勉強になりました。 」
「 美術館に来たみたい。 ひたすらキレイ!」

とたくさんの感想をいただきました。

中には、「パワースポットにいくよりも、はるかにたくさんのパワーをもらいました。 」という方も。

参加者さんそれぞれに、ご自身の感性で本物と向き合った時間となりました。

IMG_5665

本格的な呉服屋さんは敷居が高くてなかなか行けないという方も、
普段はカジュアルな着物を着るのが好き、という方も、
きものを着る・着ないに関係なく、みなさまが楽しまれる様子を見て、本物の持つパワーを改めて感じました。

普段は手が出せないような本物を見たり、全然知らなかった世界を知ることで、さらにきものの楽しみ方が広がりますね。

これからも、みなさまときものの距離を近づける企画や、美しいものを直接見ることのできる企画をご用意していきたいと思っていますので、どうか楽しみにしていてくださいね。