新着情報

5月の着物コーディネート紹介

鞠小路スタイル講師陣の春の着物コーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。5月の講師陣それぞれのコーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

5月のコーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原の着物コーディネート

5月に入ると、昼間はちょっと汗ばむ陽気の日もあり、この時期はさらっとした大島紬を着たくなります。
こちらは、地色が白い「白大島」です。

IMG_4529

 

この白大島は「胴抜き仕立て」という裏地をつけずに八掛だけつける仕立て方にしています。
外から見た目は袷の着物に見えますが、実は涼しいので、今の時期に重宝します。
image

5月といえば端午の節句ということで、端午の節句にちなんで帯揚げと帯の柄で柏餅を表現してみました。
帯揚げは白と抹茶色を2枚重ねて緑の葉っぱに白いお餅を
帯は菊柄ですが、お太鼓の葉の形が柏の葉に似ているので、柏の葉に見立てました。

IMG_4530 IMG_4533

ザ・端午の節句、というようなモチーフがなくても、色や柄でさりげなく表現するのもいいですね。

東京教室 小林の着物コーディネート

5月は暑いくらいの日もありますが、あまり涼しげなものを着るにはちょっと気が早い、
まだ冬にも着る袷(あわせ・裏地のついた着物)を着ていてもおかしくない季節です。
ただ、見た目的にも体感的にも、あまり重いものよりも、さらっとした軽いものを着たくなります。

IMG_2217 IMG_2218

そんな時に便利なのが木綿の着物。
裏地をつけずに仕立てるので軽やかに着られます。
中でもこの片貝木綿は、太さの違う糸を使っているので凹凸があり、肌にベトっと張り付かず、涼しげに着られます。

IMG_2367

帯の柄はバラを選びました。
バラは、1年中咲く種類のものもありますが、5月、6月に見頃を迎える種類が一番多く、
一般的にバラの見頃はこの時期と言われています。

帯留めにも花を使って、花の季節のコーディネートにしました。

IMG_2221
 IMG_2220

 

京都教室 中尾の着物コーディネート

さわやかな気候の5月なので、青空をイメージしたコーディネートです。
ターコイズブルーの伊勢木綿、こちらは数年前に雑誌の表紙に掲載されたのと
同じものです。

nakao mae nakao ushiro

洋服だと勇気がいる色かもしれませんが、着物だと楽しく着られます。
やわらかい木綿が身体によくなじんで、着心地抜群です。

帯まわりです。

nakao obi nakao karatea
近江の麻の半幅帯です。青海波をアレンジした模様で、すこし鯉のぼりも意識しています。
カラテア結びで遊び気分を出しています。

長襦袢は黒地に数字の模様。
nakao juban

着物でも素材、色、柄で洋服以上にカジュアルでポップな印象が出せます。
5月の気持ち良い気候にあわせて、皆さんも楽しい気分のコーディネート、いかがでしょう!

 

京都教室 浅井の着物コーディネート

京都はゴールデンウィークを過ぎたらかなり暑いです。

特に湿度の高い日は、少し気が早いのですが綿麻を着て涼しく過ごしたいです。

18360689_1901317880150226_1484329753_n

軽くて凹凸のある生地なので肌に張り付かず、風が吹くと着物の中を風が通り抜けるような涼しい着心地です。

 

18360463_1901318140150200_1324595196_n

 

帯揚げは楊柳のさらっとした生地ですが、しっかり目の色で夏っぽくなりすぎないようにしました。

涼しい素材を選んで、蒸し器の中のような京都の夏を乗り切っていきたいと思います。