新着情報

12月クリスマスの着物コーディネート

鞠小路スタイル講師のクリスマスの着物コーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。12月の講師それぞれのコーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

クリスマスの着物コーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原のクリスマス着物のコーディネート

クリスマスということで、普段とは違う、クリスマスカラーの赤を取り入れたコーディネートにしました。

DC284843-35CA-415B-9170-49C8ADF523E4 B7B637DC-06D0-44DA-8D9E-82E359BB8D7D

371AB0D8-5C34-4B64-BBB4-8C5CE6FF69BA

長襦袢もちらっとしか見えませんが、クリスマスカラーの赤で統一しました。
自分だけの楽しみですが、見えないところもコーディネートするとより気分が盛り上がります。

F15544C3-A890-4604-A9E3-FA7F275F8610

帯まわりもクリスマスらしく、キラキラとした丸い柄をイルミネーションに見立てて、
帯留めもクリスマスっぽく赤い実の帯留めをつけました。

この帯はもともと「タンポポ綿毛」という名前なのですが、見立てを変えることでいろんな季節に取り入れることができます。

 

 

東京教室 小林のクリスマス着物のコーディネート

0FD5AF62-A593-470F-8C45-CD5047796A782546FBFA-002D-4EE8-B684-FDD71FD0A7D6

ホワイトクリスマスをイメージして、全体的に白っぽくしてみました。ドットは雪に見立てて、夜、街灯の近くで雪が降ってくるのを見上げたときのイメージです。ドットが大きいので牡丹雪です。

EEA113C0-8A66-4AFA-8527-3FC33C04625C

帯結びは、カラテア結びに白いストールを足したアレンジにしました。「カラテア」は本当は熱帯植物の名前ですが、クリスマスツリーに雪がモコモコ積もってるところをイメージしました。

2546FBFA-002D-4EE8-B684-FDD71FD0A7D6 15B50222-BD7D-4342-BF73-DBE29D6F8178

帯周りも白っぽくまとめて、仕上げにクリスマスツリーの帯留めをつけました。

 

京都教室 中尾のクリスマス着物のコーディネート

24203832_1960243797568264_965262248_n 24273169_1960243774234933_959821456_n

12月はクリスマスなので、「聖夜」をイメージしました。
黒地にベージュグレーの水玉の小紋、ゴールドベージュの袋帯を合わせました。

24257640_1960243807568263_851272455_n 24251861_1960244087568235_1734746075_n

帯まわりも光のイメージで、白っぽくまとめました。
帯締めは教室でも扱っている「平田くみひも」の角朝です。たいへん締めやすく、コーディネートを締めてくれます。
袋帯は実はリバーシブルで、反対側は「鳥獣戯画」模様です。

 

24257515_1960243780901599_1235647090_n

着物はよく見ると、綸子、紗綾型(さやがた)の地紋です。水玉のポップな柄ですが、
近くで見ると古典的なのです。
いかがでしょうか?
クリスマスモチーフが無くても、「聖夜」らしい着物コーディネートができたかな、と思います。皆さんも季節ならではの組合わせを楽しんで下さいね!

 

京都教室 浅井のクリスマス着物のコーディネート

24829460_2003821259899887_100082056_n24550545_2003821243233222_1286322790_n

 

 

クリスマス定番の緑の着物にしました。

24824272_2003821256566554_1268750637_n

 

無地ですが、薔薇の地紋がくっきりした光沢のある生地です。

 

24740722_2003821246566555_681424687_n24550341_2003836699898343_866518758_n

 

銀糸の刺繍が入った半衿、赤い伊達衿、華やかな柄の帯で、クリスマスらしさを表しています。

ちなみに帯締めは、中尾と同じ「平田くみひも」の角朝です。

カラーバリエーションが多いのも魅力です。