新着情報

11月着物コートのコーディネート

鞠小路スタイル講師陣の着物コートのコーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。11月の講師陣それぞれのコーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

着物コートのコーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原の着物コートのコーディネート

秋が深まって、レースの羽織ものなどでは肌寒くなってきたら、よく着ているコートです。
これは、道中着(どうちゅうぎ)といって、カジュアルなお出掛けによく着るコートで、
襟の形が着物と同じV字になっているコートです。

22D710B3-CFFA-49E0-8C61-592BF5E473BB D6A6945D-DD6E-41CA-9C6B-4DA48A807BE2

着物と同じ生地で、反物から仕立てています。
着物として着るのはちょっと勇気がいるようなこのような華やかな柄も、コートなら着られるので、雰囲気の違うものを何枚か持っています。

F467BCEC-94B7-4A3D-8BB4-E9DDDCDBF113

 

これでも寒くなってきたら、ウールのコートに切り替えます。
私は寒がりなので、着物地のコートは春と秋のまさに今が楽しみ時です。

 

東京教室 小林の着物コートのコーディネート

ショールだけでは耐えられないくらい寒くなってきたので、
少し前からコートを出して着ています。

85D7F8EF-278C-4BBF-B832-1832BBF833A5

着物は洋服とちがって袖があるので、袖が入るような着物用のコートがあります。
着物は脇の部分が開いていますが、こんな感じでしっかり閉じられているのであたたかいです。

26457DFA-703A-432F-866C-989657BBD53C

後ろも帯結びが入るようにゆったりふんわりしたシルエットになっています。

60924460-D1E1-4A5E-9D5D-1C3CB105FEF0

色はおとなしめですが、デザインがかわいいので気に入っています。

衿が大き目で、クシュっとしているところや、
ボタンも大きくてかわいいです。

衿にボリュームがあると顔も小さく見えます。

57D63921-D43E-4D3F-AB8F-0CEB979475F6

もっと寒くなったら、首をしっかり覆うマフラーを巻いたり、
肘までの長い手袋をしたり、あたたかいインナーを着て防寒します。

いろんな着物に合う色なので、とても便利に使っています。

京都教室 中尾の着物コーディネート

麻の葉模様の羽織です。

23365100_1949853861940591_2219946_n23365052_1949853961940581_1816746168_n

私はこれを春と秋口の肌寒い時期に着ます。インパクトがある柄なので、合わせる着物は主張しないように気を付けています。

23416085_1949854141940563_1204100584_n

羽織の衿は、後ろで半分に折りかえします。

23415968_1949854151940562_1359579983_n
23414198_1949854128607231_2095490147_n

羽織紐として、別に買ったコットンパールのチェーンを付けています。
右の写真のように「乳(ち)」という所に金具をひっかけています。
羽織に挑戦してみたいかた、着物や羽織紐とのコーディネートも楽しんで下さいね。

京都教室 浅井の着物コーディネート

肌寒い季節によく使う羽織ものです。

23365006_1991514567797223_362849840_n

 

23415948_1991514564463890_2028756950_n

 

ドレープがきれいに出て、ちゃんとした着物用の羽織りものに見えますが、

実はとてもシンプルな形です。

 

23361228_1991514561130557_1633589475_n

 

長方形の大きなニット地に切り込みが入っているような形です。

23365010_1991514571130556_1924802552_n

 

かっちりと形が決まっていないので、首が寒い時はマフラーにもなります。

薄手ですが暖かく、便利に使っています。