新着情報

9月 秋の単衣着物のコーディネート紹介

鞠小路スタイル講師陣の秋の単衣着物のコーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。9月の講師陣それぞれのコーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

秋の単衣着物のコーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原の着物コーディネート

 

秋にある、「中秋の名月」をイメージした着物を着ました。
IMG_6077

この着物は、まさにお月見の季節に着たい!着物で、西陣御召に刺繍などでウサギと月を描いています。

IMG_6081 IMG_6082

春にも着られる単衣の着物ですが、やはり、秋のこの時期にたくさん袖を通したくなります。

東京教室 小林の着物コーディネート

お天気によっては肌寒いくらいの日も出てきて、いよいよ秋という感じがしてきましたが、
まだまだ昼間の東京は暑い日もあります。

IMG_4679 IMG_4682

秋らしい葡萄のような色の江戸小紋に、
帯周りは暑苦しくならないように、白地の軽い色合いにしました。

IMG_4724 IMG_4725

裏地をつけない単衣の着物は、裏が染まっていない真っ白な生地だと、後ろから見たときや歩くときにちらりと見える生地の裏面が、いかにも裏面感が出るので、選ぶときは裏も見るといいですが、こちらは両面染めで、裏面は全く違う柄に染められてます。
両方表地にしてもいいような柄なので、わざと裾をちらりとめくって見て欲しくなります。

IMG_4685

9月9日の、菊の節句とも呼ばれる「重陽(ちょうよう)の節句」にちなんで、菊の帯留めを付けてみました。

IMG_4686

 

京都教室 中尾の着物コーディネート

9月は夏着物から単衣着物に戻る時期ですが、6月と同じではなく、秋の気配が感じられるようにコーディネートしました。

21476289_1921081254817852_1979982590_n

紬風(化繊)で格子の単衣着物と、夏素材の袋帯です。

21469536_1921083224817655_919924116_n

帯の柄は、もみじ。9月は紅葉はまだまだですが、秋の訪れを感じさせるかな、と思い選びました。

21552612_1921083231484321_608270659_n 21469463_1921083228150988_1923403188_n

 

帯締めは多色使いでアクセントにしました。帯揚げは帯締めの中の1色、ピンクです。着物とトーンが合わせて悪目立ちしないように馴染ませました。

いかがでしょうか?暑さの残る日もありますが、ほんの少し秋を感じられる着物コーディネートになったと思います。

京都教室 浅井の着物コーディネート

お昼間は暑い日もありますが、涼しい風、虫の声などで秋を感じるようになりました。

まだ涼しい着物を着ていたいのですが、秋らしい着物も着たい、そんな時期です。

21476355_1962398100708870_1213809862_n21553112_1962398144042199_1835661639_n

綿麻なので軽くて夏用の生地ですが、色は落ち着いた紺地に細い茶色の縞が入っています。

後は帯の茶色を出して秋色を意識しました。

21552281_1962398150708865_1886176707_n

中級コースでもレッスンする結び方「矢の字」です。

張りのある帯だと角ばって大きく、かっこいい印象になりますが、

柔らかい帯を使ったので、少しコロンとしてかわいらしくなりました。