新着情報

8月 夏着物のコーディネート紹介

鞠小路スタイル講師陣の浴衣のコーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。8月の講師陣それぞれのコーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

夏着物のコーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原の浴衣コーディネート

私の一番のお気に入り、夏の西陣お召の 着物です。

IMG_5390  IMG_5392

この着物は表と裏で模様が違うんです。
両方柄がすけますのでなかなかわかりにくいのですが、片面はグリーンと白の市松、片面は紫の横段です。
透け具合で表と裏で微妙に柄の出方が変わります。

 

 

 

IMG_4221  IMG_4220

夏はやはり涼しさを出すために、寒色系が多いです。

帯は、江戸友禅で金魚を描いた名古屋帯をお太鼓結びにしました。

IMG_5395

IMG_5398  IMG_5399

優雅に帯の中を泳ぐ金魚で、涼を感じてもらえたらと思います。

 

東京教室 小林の着物コーディネート

ジメッと湿度が高い東京の夏も、明るい気分にしてくれるポップな夏着物にしました。
ポリエステルなのでお手入れも簡単です。

IMG_3511

代表田中が持っていたアンティークの着物を、復刻とモダンなデザインが得意な着物メーカー「モダンアンテナ」さんに復刻してもらった「キッチュドット」です。

IMG_3514

帯は半幅帯で、中級コースでもレッスンする割角出しにしました。
お太鼓結びのようにかっちりしてなくて、でもふわふわのかわいらしい結び方より大人っぽくて気に入ってます。

IMG_3515

帯留めは、本当の水引の材料で作られた「洒落水引」さんのもの。
かなり使い込んでますが、全然へたれず丈夫です
着物と帯と、色がぴったりの夏の鉄板コーディネートです。

京都教室 中尾の着物コーディネート

真夏の着物は、麻を選びました。
新潟の小千谷縮です。色は生成りで、黒の絣が入っています。
さすが自然素材、シャリシャリとして汗をかいても全くべたつきません。

20371121_1901995716726406_995076024_n
淡い色は汚れるかもしれない、と敬遠する向きもありますが、バスや電車に乗っても
案外平気です。見た目も涼し気ですし、夏の日差しに合うんじゃないかな、と思います。

20401150_1901995726726405_2130533536_n
帯はリサイクルショップで求めました。麦わら帽子のような質感で気に入っています。
帯揚げは白地の紗、深緑色の帯締めです。

20401279_1901995723393072_2060430500_n 20370589_1901995730059738_1248349388_n

長襦袢は爽竹です。柄がかわいいし、洗濯機で洗えてすぐ乾くのでこちらもお気に入りです。
夏の暑さに負けずに、周りにも自分にも涼しくなるように工夫して元気に過ごしたいです。

京都教室 浅井の着物コーディネート

私は 夏は洗える素材の着物がほとんどですが、唯一の絹の着物を選びました。

柔らかい落ち感のある生地で、たまに着るとやっぱり絹っていいなと思います。

20526671_1943129322635748_397397234_n20471979_1943129332635747_512087210_n

紫の地色ですが、白い線の花模様がびっしりと描かれているので涼しそうです。

20464538_1943129325969081_2072686765_n 20526694_1943129345969079_862193123_n

着物はよく見ると、透ける織り方と透けない織り方の交互で縞のようになっています。

風通しが良く涼しいのですが、あまり透け感はありません。

帯も軽く織られていますが、こちらは全く透け感はありません。

それほど「夏物」という感じでもないので、6月や9月にも使うコーディネートです。

20428529_1943129329302414_1768376910_n

まだまだ夏真っ盛りですが、帯まわりは落ち着いた色を選び、少し秋を意識しました。