新着情報

4月の着物コーディネート紹介【春の着物コーデ】

鞠小路スタイル講師陣の春の着物コーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。4月の今月は春の着物コーディネートをご紹介します。講師陣それぞれの春の着物コーディネートで工夫した点を含めご紹介いたします。

4月のコーディネートをお届けするのは、江原・小林・中尾・浅井です。

東京教室 江原の春の着物コーディネート

春と言えば『桜』、桜の時期を満喫する桜尽くしのコーディネートにしました。

IMG_4357 IMG_4360

この着物は、大島紬の訪問着です。
大島紬は糸を染めて柄を織りだす織の着物。カジュアルな着物なので、フォーマルな席に着て行くものではありません。
そんな大島紬にこの着物は生地を織り上げた後からさらに柄を染めています。
カジュアルラインの素材の着物にフォーマルな訪問着の柄付け、
ワンポイントに桜の刺繍も入った遊び心あふれる着物です。

IMG_4362 IMG_4361

帯も袋帯ですがフォーマル向けの金銀が盛大に入っているものではなく
黒地に桜柄が市松模様に織りだされたものにしました。

せっかくなので、帯揚げも桜柄です。

IMG_4364

おもいっきりおしゃれをしてお出掛けしたい場面に着て行くイメージのコーディネート。
こんなスタイルで歌舞伎座などに行ってみたいですね。

 

東京教室 小林の春の着物コーディネート

江原に引き続き、春といえば『桜』です。
入学式に桜が咲いてると、賑やかにお祝いしてくれてるようで嬉しいものです。
私の実家がある長野では、4月後半から咲くので入学式には桜は咲いてないもの。
「入学式に桜」というのに憧れてました。

IMG_1702 IMG_1706

着物も春らしくグリーンの伊勢木綿にしました。
グリーンとピンクの組み合わせは、葉っぱと花のイメージで、柄がなかったとしても春らしくさわやかで好きな配色です。

伊勢木綿は自宅で洗濯ができるので、お花見の時期の急な雨や、汚れなどにも安心です。

IMG_1708 IMG_1710

先取りがおしゃれとよく言われ、桜が咲いてる時に桜の柄を身につけるのは無粋と言われたりしますが、みんなで集まってワイワイ楽しむ気軽なお花見には、こんな満開の桜もいいのではないでしょうか。

耳元も桜の花びらみたいなピアスにしました。

IMG_1711

 

 

京都教室 中尾の春の着物コーディネート

春は行事が多いので、そんな時のフォーマルな外出を想定しました。
ピンクの色無地と着物と、袋帯の二重太鼓です。
この着物は、実は正絹ではなくてシルックという化学繊維です。絹を模倣した繊維なので、
光沢や柔らかさも絹のようです。雨の日でも安心して着られます。

mae

帯は葡萄の柄です。葡萄は春とは別段関係ありませんが、色味がピンクと
よく合っていて春らしいと思います。

ushiro

帯まわりは平田組紐の帯締めがポイントです。全体がぼやけそうなコーディネートを
引き締めてくれています。帯締めは小物ながら身体の真ん中に来るので、選びがいがあると思います。
obi

春だからピンク、というのはストレートすぎるかもしれませんが、素直に季節らしさを
楽しむのもありだと思います。

京都教室 浅井の春の着物コーディネート

春と言えば花。

花と言えば蝶。

17795721_1881761722105842_3502072009967181158_n

 

ピンクの花のまわりを、蝶がひらひらと飛んでいるような柄です。

 

17796798_1881761738772507_5501761048208820760_n

 

帯にはどっしりとした質感の大きな蝶がいます。

昼間に爽やかにお花を見るというよりは、夜桜でも見ながらお酒を飲むのが良さそうなコーディネートです。