新着情報

10月コーディネート紹介

月に1度の鞠小路スタイルの講師の着物コーディネート紹介。

ほぼ毎日着物を着ている 講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。

10月のコーディネートをお届けするのは、木村、江原です。

 

【京都教室 木村】

10月ということで、ハロウィンにちなんだコーディネートをご紹介します。
子供の頃は聞いたことも無かったハロウィンですが、ここ数年ですっかり秋のイベントとして定着した感じがありますね。

image image

鮮やかでカラフルな着物に、黒×ゴールドの帯。
こちらの帯は、実は未仕立ての袋帯。
兵児帯のように使って、ボリュームのあるカラテア結びにしています。
image

前帯の幅を、通常の半分で折るよりも広めに折って巻いてみました。
帯留めはハロウィンにちなんで蜘蛛の巣柄です。

image

半衿にも、蝙蝠や黒猫の刺繍の入ったハロウィン感のあるものを選びました。

image

髪飾りもハロウィンを意識して。

image

こんな風に、テーマを決めて、何かにちなんだコーディネートをしてみるのも、着物を着る楽しみ方の1つだと思います。

 

【東京教室 江原】

10月からは袷の季節。裏地のついた着物を着ます。
10月は日本列島の北から南へ向けて、紅葉の季節が巡ってきます。
そんな秋を思いっきり満喫するコーディネートにしました。

image

着物は白地に絣模様の入った十日町紬です。
八掛という裾からちらりと見える裏地は銀杏が色づいたような色です。

image image

帯は、今の季節ならではの、栗や落ち葉を刺繍した名古屋帯をお太鼓結びにしました。
毎年、この時期に必ず締めるお気に入りの帯です。
こういう季節感を打ち出した帯は短い期間に締める喜びがあります。

image image

帯周りも、秋の紅葉の季節をイメージして、赤系で統一しました。
遊び心を出すために、帯揚げは縮緬地にひらがなが書かれたカジュアルなものを。
帯締めも、片側が複数の細い紐に分かれていて変わり結びにも対応しているものにしました。
カジュアルシーンでは、こういうところで遊びを入れるとよりコーディネートを楽しめます。

image image image