新着情報

7月の浴衣コーディネート

鞠小路スタイル講師の7月の浴衣コーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。7月は浴衣のコーディネートで講師の工夫した点を含めご紹介いたします。
お届けするのは、東京教室の小田です。

東京教室 小田の7月浴衣

浴衣の季節を心待ちにしていました!
浴衣は長襦袢もいらなくて、汗をかいたり汚れても洗える綿素材が多いので安心です。
浴衣ならではの色柄が夏のぱきっとした青空に映えてお祭りなども多い楽しい時期ですね。
柄や素材も様々なので、お好みのテイストを探してみてください。
さて今回は浴衣でシチュエーション別に着分けるコーデをご紹介します。

◆女子会で浴衣
q

墨流しの浴衣を着物風に着ます。
ちょっとおめかししてクラッチバックにしました。
長襦袢を着て名古屋帯をすることで、きちんと見える様に考えました。

◆浴衣でビアガーデン
e

デパートの屋上のグランピング風なおしゃれなBBQが出来るところへ行く日のコーデです。
お酒は飲めませんが気分だけでも楽しく行きたい食いしん坊の私は、ビールの根付がポイントです。
明るい華やかな浴衣なので、半巾帯で気軽な装いにしました。

w

 

◆何もないけど浴衣が着たい日のコーデ
s

本を持ってカフェでお茶しながらゆっくり過ごすときのコーデをイメージしました。
やの字結びで椅子にもたれてもラクチンです。
カフェに行くときは冷房で足が冷えるので、私は長襦袢を着て足袋を履きます。
足袋を履くときは着丈が短くならないように気をつけます。

この日の裏テーマは、人魚姫の涙です。
代表田中のアイディアを貰い、人魚と水色のスワロフスキーの帯留めを2個使っています。
また絞りの模様も人魚の涙のように見えてきます。

a s

着物を着るのはハードルが高いという方は、浴衣の時期が着物デビューの絶好のチャンスです。
思い切って着てお出掛けしてみることをお勧めします。