新着情報

6月の着物コーディネート

鞠小路スタイル講師の6月の着物コーディネートをご紹介します。

ほぼ毎日着物を着ている講師たちの実際のコーディネート、着物選びやコーデ ィネートの参考にしていただければと思います。6月のコーディネートで講師の工夫した点を含めご紹介いたします。
6月の着物コーディネートをお届けするのは、京都教室の浅井です。

京都教室 浅井の6月着物

6月といえば梅雨。
雨が多く、じめじめとして快適とは言い難い季節です。
こんな時期、私は雨に濡れても安心で、湿気が多くても肌に張り付かない綿麻素材の着物を愛用します。便利な綿麻着物で、梅雨時期も楽しくコーディネートしたいです。
今回はベーシックな紺色の着物での着回しをご紹介いたします。

基本の普段着
32936111_2086592634956082_8458007739426144256_n

こちらが私の定番、綿麻基本スタイルです。
このリネンの帯は涼し気な色合いで主張が強くないので、帯揚げや帯締めで雰囲気が変わります。
今回は帯揚げをアクセントにしました。

少し改まった印象に
33022016_2086549364960409_975548065475723264_n

白いキレイ目の帯を合わせています。
バッグがコーディネートの印象を引っ張ってくれます。
着物が紺色なので、帯や小物を工夫することで改まった印象にすることができます。

カジュアルでも印象様々

32959730_2086549358293743_3499436793256738816_n 32968585_2086549354960410_7020622897173495808_n

左はキリッとした印象に。
くっきりとした縞の帯と迷彩柄のバッグで甘くないカジュアルです。
右は小物にかわいらしいアイテムを使いました。
梅雨のじめじめに負けないよう、軽やかな印象にしました。

帯はもちろん、バッグでも印象が大きく変わります。
和装用のバッグでなくても着物に合うバッグはたくさんあります。
持ち手が短めで、縦長過ぎないものが合わせやすいです。
でも、着物を着て、実際にバッグを持ってバランスを見ていただくのが一番です。
バッグも効果的に使って、コーディネートを楽しんでくださいね。